So-net無料ブログ作成

平成はなぜ失敗したのか【野口悠紀雄著】 [書評]

来年80歳を迎える野口悠紀雄氏の最新刊です。

内容ですが、正直、今までの野口氏の著書を読んできた方にとっては、物足りないと感じるかもしれません。

全体的に今までの野口氏の分析を難しい経済用語を使わずにわかりやすく浅くまとめた本だと思います。

従って普段は野口氏の本は読まないが、平成がどういう時代だったのかを知りたいという方には適していると思います。

いつもの野口氏の著書と比較すると本書は野口氏の個人的な内容も含まれています。思い出話を語るのも来年80歳を迎えるのだから当然かもしれません。

野口氏は「円安が日本の改革を先延ばしにしてきた。今後は米国のように金融やIT産業で日本も食えるようにしよう。また中国の発展はすさまじい。」と言った内容の主張をされます。

野口氏はスタンフォード大学で教えていた経験から若い日本人の内向き志向を危惧されています。

確かに今や米国の有名大学のアジア人は中国や韓国の学生が主流で日本の学生は減少傾向にあるようです。

今後、日本では社会保障費の増加による一層の財政悪化に加え、安倍総理が将来、退陣した後の日本銀行の政策の後始末など難題が構えています。

本当に金利が将来、上がるようなことになったら変動金利で住宅ローン組んでいる方や、それ以前に国家予算の作成がどうなってしまうのか恐怖を感じます。

野口氏は本書で「まだまだ長生きするぞ」と宣言していますが、是非とも今後も鋭い分析で定期的に本の発行や雑誌の寄稿を続けて欲しいです。


平成はなぜ失敗したのか 「失われた30年」の分析 (幻冬舎単行本)

平成はなぜ失敗したのか 「失われた30年」の分析 (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

AI VS. 教科書が読めない子どもたち【新井紀子著】 [書評]

出版されてもう1年経つ本書ですが、先日、ようやく手に取って読みました。

著者の新井氏は数学者であり、AIの仕組みに精通しています。著者の結論はSFに見られるようなAIやロボットが人間を超えるシンギュラリティは起こりようがないというものです。

確かにコンピュターは人間がプログラミングした以上のことはできませんし、流行りのディープラーニングにしても人間が入力したロジック上で動くものだと思います。

一方で先日、NHKのクローズアップ現在+で放送された故スティーヴン・ホーキング博士や今日の読売新聞の記事での江崎玲於奈氏などは、いずれシンギュラリティが起きて人類に悪影響が起きるかもしれないとAI脅威論を展開しています。

本書ではAIの仕組みをわかりやすく説明して脅威論は考え過ぎだと納得させてくれます。

もっとも予想外の技術革新が今後、起きることも可能性としてはありますが、映画「2001年宇宙の旅」に出てくるような感情を持ったコンピュターの登場は私の生きているうちにはないだろうと感じました。

さて著者はMARCHレベルの大学入試を解けるAIの開発に成功しているのですが、最近の若者だけでなく大人までもが文章を正確に読めていないと指摘しています。

ロジック通りの作業をする仕事ではいずれRPAなどの代替されてしまうでしょう。

問題はAIで仕事を失った人が別の仕事につけるかということです。AIを操作する側に周るとしてもかなりの再教育が必要になるだろうし、すべての失業者をIT分野で吸収はできないはずです。

将来は労働人口の推移とともに低失業率、高求人倍率は続くと思われます。別に安倍さんが総理を降りたとしてもこの傾向は変わりません。

しかし、高求人倍率の実態は仕事内容と求人者のミスマッチが起きており、一方で高度な能力を必要としない仕事は外国人労働者に奪われるという現象が今後も続くものと考えます。

ちなみに私が著者の新井氏と本書を知った理由は、先に新井氏と投資銀行家のぐっちー氏の対談本を読んだからです。こちらの本もお勧めです。


AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: Kindle版



日本を殺すのは、誰よ!

日本を殺すのは、誰よ!

  • 作者: 新井 紀子
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2018/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

米国サマータイム始まりました [日常]

今まで日本時間23時半に始まる米国市場が既に開いているので確認したところ3月10日から米国でサマータイムが始まったようです。

日本時間で米国市場の開始は22時半、雇用統計の発表は21時半と1時間早まりますのでご注意を。

米国のサマータイムは11月3日まで続くそうです。

一時期、日本でも東京五輪に向けてサマータイムを導入しようという意見がありました。良識派の主張が通ったようで、その案はなくなりましたが、SEの方々はゴールデンウィーク返上で新元号へのシステム移行があるのかもしれませんね。本当にご苦労さまです。

人間にも体内時計というものがあり規則正しい生活をしていると、目覚まし時計がなる直前になぜか起きたりします。

私は比較的、夜型なのですが、ゴミ出しの日の朝は早く起きないといけないのでリズムが崩れます。

昼間に昼寝などしようものなら今度は夜に眠れなくなります。

昼間の疲れで布団に入った瞬間に眠りにつける生活が一番だと感じます。

もっとも休みの日の前夜は布団の中で考え事するのも嫌いではないのですが。

睡眠は大事です。十分に眠れないという方は心療内科にでも行って睡眠導入剤を処方してもらってでも睡眠には気を使うべきだと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

映画「翔んで埼玉」を春日部で観る [日常]

映画館で映画を観ることはそう多くはないのですが、久しぶりに映画館に行き「翔んで埼玉」を観てきました。

私の家は千葉県ですが江戸川沿いで川を越えれば埼玉県春日部市です。なんだかタイトルに惹かれて観に行きました。

観た場所は春日部のイオンモール。映画で何度か春日部が登場して映画館内が湧いていました。

埼玉をディスる映画という宣伝でしたが、千葉、群馬など他の関東地方もこき下ろされていました。

観た感想として実は県のイメージダウンになったのは神奈川県ではないかという描き方でした。もっとも東京都と神奈川県は映画内では馬鹿にされていないのでさすがといったところ。

埼玉県民だけでなく千葉県民(特に東葛地区にお住まいの方)は一層、楽しめると思います。

映画館内で周辺から笑い声がする映画ってのは個人的には初めてでした。

フジテレビは本業のテレビ放送事業では苦戦しているようですが、映画事業など周辺事業では商売上手だと思います。

今月下旬には映画館で観られなかった「コード・ブルー」のDVDレンタルが始まるようなので観てみようと思います。

インターネットが登場して2時間、映像を観るのが相対的に辛くなってきた気もします。1時間のテレビドラマでさえ敬遠してしまうほどですから。

今シーズンでは「家売るオンナの逆襲」が途中で挫折してしまったのでゴールデンウィークにでもHULUで追っかけようと思います。

話は戻りますが、育った地域にもよりますが、映画「翔んで埼玉」オススメです。

nice!(0)  コメント(0) 

読売新聞オンラインの招待状がようやく届く [日常]

読売新聞が4037円から4400円に値上げして読売新聞のサイトも新しくなりました。

3月いっぱいは無料で読めるニュースや記事も4月以降は定期購読者以外は読めなくなります。

先日、読売新聞オンラインの招待状を販売店からいただきました。既に読売新聞オンラインには登録していたので、新たにいただいたIDとパスワードを入力して既存の登録情報との紐付け作業を行いました。

招待状のIDとパスワードは数字やアルファベットの大小文字が混じっており結構、複雑です。

今時、新聞を購読している方は高齢者がほとんどだと思うので、今回の読売新聞オンラインの招待状をもらっても意味がわからずに放っておく読者も結構おられると思います。

少なくても読売新聞のデジタル担当のサポートセンターはしばらくの間、忙しい日々が続くでしょう。

以前は読売新聞の値上げに伴い安い他紙に代えようかと考えていましたが、当分はこのまま契約を維持して様子見しようと思います。

その他にも朝日新聞デジタルの月980円で月100本までの記事が読めるというサービスに加入しています。

また某証券会社の口座保有で日経テレコンが無料で読めるので重宝しています。

NewsPicksなどのサービスも支持を集めてきているようですが、私は今の所、未加入です。

dマガジンで雑誌の一部が読み放題になるなど、時代と共に情報があふれるものの、その価値自体は低くなっている気がします。

ただ同然で色々な情報が得られる時代になって嬉しい一方で、記者という仕事が買い叩かれている現状を見ると将来の記事の質にも影響を与えかねないと危惧しています。

nice!(1)  コメント(0) 

DAZNにてセリーグ視聴可能試合数が激減へ [日常]

DAZNがやってくるまでプロ野球をネットで観るにはスポナビライブというサービスがありました。

DAZNが日本で営業を開始して、そのスポナビライブを吸収する形になり昨年は巨人主催試合以外はほぼDAZNでセリーグの試合が観られました。

巨人ファンの場合、ホームはHulu、アウェイはDAZNでセリーグの試合を楽しめたのでした。

ところが今年からどうやら巨人主催だけでなく広島主催、ヤクルト主催の試合がDAZNで観られなくなるようです。

巨人ファンの私の場合、ホーム戦はHuluが利用できますが、アウェイではDeNA、阪神(5分遅れ)、中日(一部試合のみ)しか観られなくなります。

スカパーの衛星放送などでは全試合を観られるコースもあるようですが、AmazonFireStickを利用して複数の部屋で観るには去年のHulu+DAZNがベストでした。

広島とヤクルトがDAZNから降りたのは、独自配信したのが儲かるとそろばんを弾いた結果でしょう。

ただ、その読みは外れるかもしれません。私はヤクルト主催試合を観るためにフジテレビONEなどに新たに加入するつもりはありません。

そもそも今回のDAZNの変更を知ってセリーグ自体に呆れてしまい、パリーグに鞍替えするか野球観戦自体を止めようかと思っています。

元々は独自配信を貫く巨人のせいで他の球団も後を追ったのだろうから読売に責任があると思うのですが、去年よりサービスレベルが落ちてしまうDAZN側にも失望しています。

交流戦・日本シリーズを観ての通り、ただでさえパリーグより弱いくせにファンの気持ちを無視して縄張り争いしているセリーグの将来は暗いなと感じました。

追記2019/03/09:巨人主催試合がDAZNで観られるようになるとの報道。DAZNは巨人を説得できる力と資金があるならなぜ広島とヤクルトを説得できなかったのか疑問です。


nice!(1)  コメント(0) 

サントリーがBOSS紅茶を3月に発売へ [日常]

最近、ホットの無糖紅茶を良く飲んでいます。時々、業務スーパーで買った生姜紅茶というものも飲んでいます。どちらもティーバッグでお湯があれば簡単に作れます。

以前はコーヒーを飲んでいたのですが、なんだか最近、紅茶を好むようになりました。またコーヒーでも紅茶でも牛乳を入れると味がしつこくなり苦手になってしまいました。

夏になれば恐らくインスタントコーヒーを使ったアイスコーヒーに戻るのかもしれませんが、最近は粉末タイプの紅茶の種類も増えているので夏場も紅茶になるかもしれません。

さてサントリーのBOSSと言えばコーヒーで有名で、テレビCMも宇宙人ジョーンズシリーズを始め良作ぞろいです。個人的にはクラフトBOSSのシリーズが特に好きですが。

そのクラフトBOSSシリーズでサントリーが3月中旬に無糖紅茶の発売を開始するそうです。

紅茶と言えばキリンの「午後の紅茶」が有名ですが、無糖紅茶市場はブルーオーシャンかもしれません。無糖紅茶に対するニーズは結構、あると思います。

午後の紅茶も商品ラインナップとして無糖はあるようですが、押しがイマイチ弱い気がします。

またBOSSクラフト無糖紅茶がヒットすれば次の冬に向けてBOSS紅茶クラフト生姜紅茶なども出しても当たるかもしれません。

海外では緑茶に砂糖が入っているものが売られています。しかし、シリコンバレーでは伊藤園の通常の無糖緑茶が口コミでエンジニアの間で人気があるようです。健康志向もあるのでしょう。

冒頭で書いたように年をとると「さっぱり」した飲み物を好みだすような気がします。お年寄りの定番が日本茶のように。

一度、紅茶に慣れてしまうとコーヒーになかなか戻れません。暖かくなる季節に向けてティーバッグなどによる水出し紅茶が作れる商品がないか調べてみようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

テレビ放送が食品スーパーに与える影響 [日常]

先程、最寄りの食品スーパーで買物をしていたら、年配の女性に「この赤色は何味ですか?」と日清のカップヌードルを指さして聞かれました。

答えに困った私は「醤油味です。」と答え、「他にもシーフードとカレーがありますよ。」と加えました。その年配の女性、カップヌードルを買い物かごに入れていました。恐らく日清のカップヌードルを今まで買ったことがなかったのかもしれません。

今度はレジで前の女性がチキンラーメンの5個入り袋麺を購入していました。

その時、気がついたのが「これはテレビドラマの影響だな。」と言うことです。

私は観てはいないのですが、ちょうどNHKの朝ドラでインスタントラーメンが発明された経緯の回が先週に放送されたようです。

その放送を観た方が、週末に日清食品のチキンラーメンやカップヌードルを購入していると考えました。

これまたNHKの朝ドラでウィスキー作りの話が放送された後は、全国で国産ウィスキーの在庫が少なくなり今でもその影響を引きずっています。

サバ缶が健康に良いとテレビで放送された後、サバ缶の品切れ、値上げが続いています。

今日はテレビで業務スーパーの特集がゴールデン時間に放送されるようですが、明日以降、また業務スーパーは混むのでしょう。神戸物産の株主としては嬉しい限りです。

最近はテレビの影響力も落ちていると一部では言われていますが、食品スーパーによっては前日のテレビ放送をチェックしてポップ広告などを準備している店舗もあるようです。

テレビの健康番組で何か商品が紹介されるたびに在庫がなくなるという現象は、普段からその食品を使用している方にとっては不都合ですが、今後もその傾向は強くなると思います。

食品スーパーとしてはテレビ局がどの食品をアピールするのか事前にわかれば売上が伸びますね。

nice!(0)  コメント(0) 

つみたてNISA、順調に100万口座突破 [FP]

金融庁の発表によると昨年1月から開始された「つみたてNISA」の口座開設数が12月末で103万7169口座になったそうです。

1年で100万口座を突破することに成功しました。

20代から40代までの方が7割を占めているとのことで、金融庁の狙い通りの層にヒットしたようです。

つみたてNISAは金融庁お墨付きと言っても良いぐらい厳選された商品しか購入できません。その点、投資初心者にも十分、優しい作りになっていると思います。

ただ1年で100万口座を大成功と見るか、それともまだまだ潜在的な投資家数はたくさんいると見るかの判断は人によって分かれると思いますが、私は後者の考えで、まだまだ口座数を増加させることが可能だと思います。

つみたてNISAだけでなくNISAやiDeCoの解説書もここ数年で充実してきており、著名なブロガーさん達が投資信託の積立投資に関する良書を次々と出版されています。

正直、昨年1月から、つみたてNISAを始めた方は、現在の残高はマイナスになっていると思います。

しかし、だからと言ってここで積立を止めてしまうのはよろしくないです。

多くの方が世界中に分散投資をしていると思われますが、世界中で資本主義が続く限り、大きな大暴落、クラッシュが来ても長い目で見ればプラスを維持できる可能性が高いと言えます。

ただ、つみたてNISAの終了期間20年後にちょうど暴落が来たら嫌ですよね。そのためにもNISA、つみたてNISAは期間なしの恒久化が求められると思います。

今後の関係省庁の判断に期待します。

nice!(1)  コメント(0) 

確定申告準備でAIが仕事を奪う論に疑問を持つ [日常]

今日の午後は確定申告の準備に追われました。

恐らくマネーフォワードやフリーなどを使用している方はもっと楽に確定申告の準備ができているのでしょうが、私はレシートを整理してAmazonの領収書を印刷するなどアナログ的な準備を今年もしました。

確定申告以外でも、マイナンバー制度ができたものの、役所では書類を手書きで書いて捺印をするという流れは変わりません。そもそもマイナンバーの数字を手書きで記入するケースはギャグですらあります。

AIが発達するとともにホワイトカラーの仕事がAIに奪われていくと言われています。RPAをAIと言って良いのかわかりませんが、銀行業界などではRobotic Process Automation (ロボティック・プロセス・オートメーション)で業務の合理化が進んでいるようです。

個人的な考えですが、AIやIT化が進んでも役所周りの手続きは従来通りの手順が残り、AIの脅威など関係ない時代がしばらく続くと思います。

また介護を支援するIT化は進んでも、ロボットが排泄処理をするなんて漫画みたいなことは今後、数十年は無理だと言えます。

住宅設備に関する工事や修理、例えば電気屋さんによる配線工事や水道屋さんによる工事などもロボットで代替するのは無理でしょう。

海外ではホワイトカラーの中間層より職人のブルーカラー層の方が安定した収入を得られているケースも見られます。

トラックドライバーがいなくなると言っても10年後の話でしょうし、交通法上、自動運転でも運転席には人が乗るはずです。ただ普段、運転はしないので給与は下がるでしょうが。

国内外を含めて権威のある調査機関がAIによって多くの仕事が消えると不安を煽っていますが、仕事の合理化は進んでも仕事そのものが消えるケースは多くないかもしれません。

これを読んでいるあなたの仕事がAIに取って代わられると思いますか?合理化は進んでも形を変えて仕事は残ると思うと答える方が多いのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)