So-net無料ブログ作成

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した【ジェームズ・ブラッドワース著】 [書評]

以前、日本でもユニクロの店舗に採用されて潜入取材を行い週刊誌にその実情を書いたジャーナリストがいました。

本書は雇用の規制緩和や移民の流入も進んでいる英国での潜入取材の記録です。

筆者はアマゾンの倉庫や訪問介護、保険会社のコールセンター、ウーバーの運転手を実際に経験して、それぞれの職場で出会った仲間達の実情を書き、現在の英国社会の表裏を見せてくれます。

雇用規制の緩和や外国人労働者の増加など、まるで将来の日本を見ているような感覚を読んでいて感じました。

ただ上記の仕事のうち訪問介護以外は将来的には一層の合理化が進んで労働者が減少する業界でもあります。

英国は日本では想像できないほどの階級社会で、欧州に比べるとまだ日本はやる気のある人にはチャンスが転がっていると思います。

「いや、そんなことはない」と否定する方もおられるでしょうが、英国の階級社会に比べれば日本はまだ恵まれています。

英国は金融サービスが伸びて経済が復活したと言われていますが、現状は階級社会が一層、強化され二極化がどんどん進んでいるなと本書を読んで感じました。

日本ではアマゾンの倉庫はロボットへの切り替えが進み、本書に出てくる英国のアマゾン倉庫のように1日に15kmほど歩くことは今はないのかもしれません。

今後、テクノロジーの進歩で人手がいらなくなってくると社会はどうなるのか不安があります。一部の成功者とその他の二極化が進み、荒んだ社会になっていくのはなんとなくわかります。

日本の将来を予測する上でも本書での英国の実例は参考になると思います。


アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した~潜入・最低賃金労働の現場~

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した~潜入・最低賃金労働の現場~

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/03/30
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

捨てられる銀行3 未来の金融【橋本卓典著】 [書評]

金融庁への取材力で好評な「捨てられる銀行」シリーズの第3弾です。

森前金融庁官がスルガ銀行を褒めていたことから森前長官への評価も二分されますが、フィデューシャリー・デューティーの概念を金融機関に植え付けた功績は大きいと思います。

後任の現長官である遠藤氏にも期待が高まります。

本書の中で金融機関の上層部が方針を何度もひっくり返して現場が混乱する様子が描かれています。

投信の回転販売や外貨建て保険のノルマがきつくなる一方、フィデューシャリー・デューティーを遵守すべき指導も現場になされ、現場が混乱しているようです。

先日、メガバンクの新卒採用数が減少すると発表されました。一般職の廃止をする銀行も出てきています。

野村證券は支店の2割を統廃合してネット取引を改善するとの報道も出ました。

就職活動をしている学生の中には、銀行や証券の人気が落ちているのだから、あえて逆張りの発想で金融業界を目指そうと言う方もいると思います。

ただ、銀行も大手証券も採用数を減らすとは言っても私の感覚だとまだ新卒採用数が多すぎると思います。

結局、本書に出てくるようなノルマと倫理に板挟みに会い、支店で高齢者相手に嫌々、金融商品を売りつけるビジネスモデルは急に変えられないということでしょうか。

確かに回転売買から預かり資産の増加を評価基準に変更した金融機関も出てきていますが、その結果、軒並みリテール分野では赤字となっています。

ネット銀行、ネット証券の勢いが増す中、既存の銀行(特に地銀)、対面販売の証券会社は徐々にシェアを奪われていくでしょう。

睨みを利かせた金融庁の前で強引な金融商品の販売ができない現場、かといってマイナス金利で運用も上手くいかないなど金融機関の収益源が揺らいでいます。

消費増税をきっかけに日本でもキャッシュレス社会への移行が国家政策として進められるようですが、決済機能を奪われた銀行の将来が本当に心配です。

中国におけるアリペイやウィーチャットペイのような決済手段やジーマ信用のような仕組みが日本で急速に根付くか疑問ですが、そのような方向に進むのは世界的な動きだと言え、日本だけが拒否できるようなものではないと感じます。

捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む (講談社現代新書)

捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む (講談社現代新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/02/13
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

平成はなぜ失敗したのか【野口悠紀雄著】 [書評]

来年80歳を迎える野口悠紀雄氏の最新刊です。

内容ですが、正直、今までの野口氏の著書を読んできた方にとっては、物足りないと感じるかもしれません。

全体的に今までの野口氏の分析を難しい経済用語を使わずにわかりやすく浅くまとめた本だと思います。

従って普段は野口氏の本は読まないが、平成がどういう時代だったのかを知りたいという方には適していると思います。

いつもの野口氏の著書と比較すると本書は野口氏の個人的な内容も含まれています。思い出話を語るのも来年80歳を迎えるのだから当然かもしれません。

野口氏は「円安が日本の改革を先延ばしにしてきた。今後は米国のように金融やIT産業で日本も食えるようにしよう。また中国の発展はすさまじい。」と言った内容の主張をされます。

野口氏はスタンフォード大学で教えていた経験から若い日本人の内向き志向を危惧されています。

確かに今や米国の有名大学のアジア人は中国や韓国の学生が主流で日本の学生は減少傾向にあるようです。

今後、日本では社会保障費の増加による一層の財政悪化に加え、安倍総理が将来、退陣した後の日本銀行の政策の後始末など難題が構えています。

本当に金利が将来、上がるようなことになったら変動金利で住宅ローン組んでいる方や、それ以前に国家予算の作成がどうなってしまうのか恐怖を感じます。

野口氏は本書で「まだまだ長生きするぞ」と宣言していますが、是非とも今後も鋭い分析で定期的に本の発行や雑誌の寄稿を続けて欲しいです。


平成はなぜ失敗したのか 「失われた30年」の分析 (幻冬舎単行本)

平成はなぜ失敗したのか 「失われた30年」の分析 (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

AI VS. 教科書が読めない子どもたち【新井紀子著】 [書評]

出版されてもう1年経つ本書ですが、先日、ようやく手に取って読みました。

著者の新井氏は数学者であり、AIの仕組みに精通しています。著者の結論はSFに見られるようなAIやロボットが人間を超えるシンギュラリティは起こりようがないというものです。

確かにコンピュターは人間がプログラミングした以上のことはできませんし、流行りのディープラーニングにしても人間が入力したロジック上で動くものだと思います。

一方で先日、NHKのクローズアップ現在+で放送された故スティーヴン・ホーキング博士や今日の読売新聞の記事での江崎玲於奈氏などは、いずれシンギュラリティが起きて人類に悪影響が起きるかもしれないとAI脅威論を展開しています。

本書ではAIの仕組みをわかりやすく説明して脅威論は考え過ぎだと納得させてくれます。

もっとも予想外の技術革新が今後、起きることも可能性としてはありますが、映画「2001年宇宙の旅」に出てくるような感情を持ったコンピュターの登場は私の生きているうちにはないだろうと感じました。

さて著者はMARCHレベルの大学入試を解けるAIの開発に成功しているのですが、最近の若者だけでなく大人までもが文章を正確に読めていないと指摘しています。

ロジック通りの作業をする仕事ではいずれRPAなどの代替されてしまうでしょう。

問題はAIで仕事を失った人が別の仕事につけるかということです。AIを操作する側に周るとしてもかなりの再教育が必要になるだろうし、すべての失業者をIT分野で吸収はできないはずです。

将来は労働人口の推移とともに低失業率、高求人倍率は続くと思われます。別に安倍さんが総理を降りたとしてもこの傾向は変わりません。

しかし、高求人倍率の実態は仕事内容と求人者のミスマッチが起きており、一方で高度な能力を必要としない仕事は外国人労働者に奪われるという現象が今後も続くものと考えます。

ちなみに私が著者の新井氏と本書を知った理由は、先に新井氏と投資銀行家のぐっちー氏の対談本を読んだからです。こちらの本もお勧めです。


AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: Kindle版



日本を殺すのは、誰よ!

日本を殺すのは、誰よ!

  • 作者: 新井 紀子
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2018/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

amazon 世界最先端の戦略がわかる【成毛眞著】 [書評]

マイクロソフト日本法人元社長で知られている成毛眞氏がGAFAの一角であるAmazonについてまとめた良書です。

Amazonというと今では通販以外に色々なサービスを展開、予定してニュースになっていますが、本書は、それらのサービスや今後の展開を上手くまとめていると思います。

実は稼ぎ頭はAWS(Amazon Web Services)というクラウド提供サービスであり、AWSが今後、「通販」のAmazonという概念を壊すだろうという点には納得しました。

筆者はAmazonをローマ帝国に例えており、各部署が連携せず独自に最適な仕事を追い続けており、創業者であるジェフ・ベゾス氏でさえ全体像を把握できていないのではないかと推測しています。

Amazonと言えば、度々、トランプ米国大統領から口攻撃を受けます。しかし、多くの米国人がプライム会員になっているのも事実です。

日本でもGAFAなどの巨大IT企業と独禁法についての議論がようやく開始されると最近、報道されていますが、仮にAmazonのサービスが分割されても成毛氏の指摘する通りにそれぞれの分野で独占企業が新たに生まれるだけで終わると思います。

日本ではまだプライム会員の増加余地があると指摘されています。実際、日本のプライム会員の年会費は他国と比べ安価です。

今年の春にAmazonが日本で約1000人の技術者を中心とする雇用を行い、将来的にはオフィスの移転も考えていると報道されていました。

1サービス受給者としては今後のプライム会員の値上げが日本でも起きる可能性が心配で、なるべく他国に比べて価格は抑えてほしいと思います。


amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 作者: 成毛 眞
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



amazon 世界最先端、最高の戦略

amazon 世界最先端、最高の戦略

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

世界経済入門【野口悠紀雄著】 [書評]

昨年、出版された日本経済入門の姉妹版という位置づけのようです。

日本国内で生活していては、なかなか実感できない世界経済の現在の流れを知ることができます。

残念ながら日本にとって暗い話題ばかりが書かれています。しかし、それが現在の世界経済の現実だとも言えます。

本書に「リープ・フロッグ」という単語が何度か登場します。カエルが飛ぶように後進国が最新技術を活用して一気に先進国に追いつき追い越していく意味らしいのですが、現在の世界経済ではこのリープ・フロッグが到るところで起きていると感じます。

日本の高齢者は中国と言うと安かろう悪かろうの製品を作っているという古いイメージを持っているかもしれませんが、アリババ、バイドゥ、テンセントのような最先端企業も存在しますし、技術的にも日本を既に越えている企業も存在します。

またアフリカでは固定電話網は発達していない代わりに携帯電話が急速に広まっており、日本以上にキャッシュレス化が進んでいる国もあります。分野によっては日本がアフリカに負けているのです。まさにリープ・フロッグです。

日本の技術力は高いと言われています。iPhoneの部品の多くは日本製で米国で企画・設計して日本の部品を用いて中国で組み立てているのが現状です。

ただ、いつまでも日本の技術力が世界で通用するかは不透明で、他国の追いついてくるスピードは目に見張るものがあります。

野口教授は先進国は製造業を卒業して金融やIT産業に移行すべきだと出版されている自書で何度も繰り返しています。

ただ金融やIT産業は期待されているよりも多くの雇用者を産まない産業でもあります。

確かに米英は金融やIT産業が国を引っ張っていますが、格差が急拡大しています。そのような問題にどのような対策が出てくるのかが注目されます。

暗い話題が多い日本ですが、日本こそ最新技術を活用して再びリープ・フロッグを引き起こして世界経済の先端に飛び出てもらいたいと願っています。


世界経済入門 (講談社現代新書)

世界経済入門 (講談社現代新書)

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: 新書



日本経済入門 (講談社現代新書)

日本経済入門 (講談社現代新書)

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 

「超」独学法【野口悠紀雄著】 [書評]

日本でビットコインやブロックチェーンに早い段階から注目していた学者が野口悠紀雄氏です。もうすぐ80歳になると言うのに時代の最先端を行き、雑誌などで積極的に発言しています。

野口氏と言えば「超」シリーズで仕事などの効率化を書いていますが、今回の「超」独学法は人生100年時代に適した内容だと言えます。

今後、人生で様々な種類の仕事を経験する人が増えるだろう思います。仮に65歳に定年を迎えてもまだまだ働けます。実際に野口氏は東京五輪が来る2020年には80歳になっています。

そうした人生100年時代にリカレント教育が今後、注目されると思います。

恐らく、中高年を対象にしたリカレント教育の専門学校などが増えてくるのかもしれません。

一方、野口氏はスクールに通うのではなくて独学で学んだほうが色々と効率が良いと指摘しており、どう独学を進めていくかを書いたのが本書です。

今は独学に適したツールをインターネットを通して無料で使用することが可能です。

結局、最後は「やるかやらないか」というモチベーションの問題だと思います。

時代の変化するスピードは年々早くなり、常に学び続ける必要がある仕事についている人も多いと思いますが、お互い頑張って行きましょう。



「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/06/09
  • メディア: 新書



「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2018/06/09
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

アフター・ビットコイン【中島真志著】 [書評]

気になっていた本ですが、ようやく読みました。

著者は日本銀行でデジタル通貨の研究をされていた決済の専門家であり、野口悠紀雄氏の著書とはまた別の視点から仮想通貨の勉強になりました。

仮想通貨のバブル気味の傾向や将来性について記述があり、昨年末にこの本を読んでいた仮想通貨投資家はいい時期に売ることができたのかもしれません。

コインチェック問題や最近の仮想通貨の大幅な下落でブームが落ち着いて来た仮想通貨業界ですが、仮想通貨はあくまでもブロックチェーン技術の副産物であり、今後のブロックチェーン技術の進歩には大きな期待がかかります。

中央銀行のデジタル通貨発行、証券決済の効率化など将来性のある研究の現場も書かれています。

ちなみに私は昨年末に仮想通貨を扱う取引所の口座開設をしましたが、その会社(SBI系)がまだ業務を開始していないのでここ数日の暴落は避けられました。

FPとして小額でも良いので仮想通貨取引がどういうものか確認したかったのですが、しばらくは様子見になりそうです。

ビットコインなど仮想通貨へのイメージが下がっていると思いますが、ブロックチェーンの技術自体は今後も様々なシステムを変える力を持っているので注目したいと思います。


アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

  • 作者: 中島 真志
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

仮想通貨革命で働き方が変わる【野口悠紀雄著】 [書評]

野口悠紀雄氏の週刊ダイヤモンド誌面とWEBでの連載を元にまとめられた本です。

仮想通貨革命とタイトルにありますが、もっと広い概念でブロックチェーンについての記述が目立ちます。

米国では年々、フリーランスの労働者が増加していて、今後もその傾向に変化はなく、将来的には仮想通貨を用いて国際間で報酬のやり取りが低い手数料で行えるようになると野口氏は指摘します。

日本には少ないユニコーン企業としてUberやAirbnbなどが注目を浴びていますが、それらの企業のビジネスモデルも将来的にブロックチェーンが発達すると駆逐されると予測しています。

野口氏自身がスタンフォード大学で教鞭を執った経験があり、シリコンバレーの実情については説得力があります。

インド人や中国人への労働ビザがトランプ政権により規制されるとシリコンバレーの人材がインドや中国に帰ってしまい米国の競争力が落ちると指摘しています。

実際、中国のIT産業はフィンテック分野などにおいても米国に追いつきそうな勢いで伸びています。

野口氏は毎回、著書の最後で高度なスキルを持つ人材を育成するための教育の重要性を書いています。

日本でも政府がそうした「リカレント教育」の重要性を認識しだしたようです。

人生100年時代が訪れると言われていますが、頼りない年金制度などを考慮すると、できることなら健康が維持できる年まで働き続ける必要が今後、強くなると思います。

いまさらプログラミングやITの勉強をしたところで若い世代について行けないと感じている方も多いと思いますが、何事も遅すぎることはないと感じます。

本書は内容が非常にタイムリーで読んで損はしない内容です。

年齢が75歳を超えているのに時代の最先端を追い続ける野口悠紀雄氏の姿勢は見習いたいものです。



仮想通貨革命で働き方が変わる――「働き方改革」よりも大切なこと

仮想通貨革命で働き方が変わる――「働き方改革」よりも大切なこと

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



仮想通貨革命で働き方が変わる――「働き方改革」よりも大切なこと

仮想通貨革命で働き方が変わる――「働き方改革」よりも大切なこと

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/10/18
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

限界国家【毛受敏浩著】 [書評]

昨日のブログで紹介した「未来の年表」は少子高齢化が進む今後の日本社会がどうなるかを明らかにした書ですが、この「限界国家」は更に踏み込み、肯定側の視点から移民受け入れを提言しています。

現在、日本で暮らす外国人数は総人口の1.9%である238万人、東京に限れば4.4%にもなります。新宿区に至っては12%が外国人です。

外国人は都会だけでなく農村地区にも幅広く増加しています。

しかし、移民が増えることに対する心配事は今のところ、日本ではそう起きていません。ゴミの出し方において近所で揉める程度のことです。

気がかりなのは「技能実習生制度」です。まるで現在の人身売買のような制度が現代の日本で続いています。

夢を持って技能実習で日本に来た多くの外国人が、帰国時には日本が好きではなくなるようです。中には途中で消息不明になる外国人も出ているようです。

将来、「いざとなった時に移民を受け入れる体制を作れば良いだろう」という考えだと世界から取り残されます。

東大や早稲田大に中国人留学生が増加していますが、中国でもトップクラスは日本の大学には目もくれず英米の大学に進学します。

将来、日本が積極的に移民を受け入れようとしても本当に欲しい層の外国人は他国を選び、結局、日本にやって来るのは、それこそ将来、問題を起こしかねない層の外国人が増える可能性があります。

日本はアニメなどを通して世界の若者に人気があると思っているのは日本人の思い上がりで、いざ、高スキルの外国人が移住先に日本を選ぶかというとそれは別問題です。

仮に高スキルの外国人が日本を選んでくれても、その子供を教育する教育インフラも整っていないし、家族が孤立感を深め母国に帰ってしまうのではないでしょうか。

不安があるから移民は受け入れないという方針はわかりますが、将来、移民の奪い合いが起きたときには日本は選ばれない国になるというリスクは享受すべきだと感じました。


限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 (朝日新書)

限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 (朝日新書)

  • 作者: 毛受敏浩
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/06/13
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)