So-net無料ブログ作成

確定申告準備でAIが仕事を奪う論に疑問を持つ [日常]

今日の午後は確定申告の準備に追われました。

恐らくマネーフォワードやフリーなどを使用している方はもっと楽に確定申告の準備ができているのでしょうが、私はレシートを整理してAmazonの領収書を印刷するなどアナログ的な準備を今年もしました。

確定申告以外でも、マイナンバー制度ができたものの、役所では書類を手書きで書いて捺印をするという流れは変わりません。そもそもマイナンバーの数字を手書きで記入するケースはギャグですらあります。

AIが発達するとともにホワイトカラーの仕事がAIに奪われていくと言われています。RPAをAIと言って良いのかわかりませんが、銀行業界などではRobotic Process Automation (ロボティック・プロセス・オートメーション)で業務の合理化が進んでいるようです。

個人的な考えですが、AIやIT化が進んでも役所周りの手続きは従来通りの手順が残り、AIの脅威など関係ない時代がしばらく続くと思います。

また介護を支援するIT化は進んでも、ロボットが排泄処理をするなんて漫画みたいなことは今後、数十年は無理だと言えます。

住宅設備に関する工事や修理、例えば電気屋さんによる配線工事や水道屋さんによる工事などもロボットで代替するのは無理でしょう。

海外ではホワイトカラーの中間層より職人のブルーカラー層の方が安定した収入を得られているケースも見られます。

トラックドライバーがいなくなると言っても10年後の話でしょうし、交通法上、自動運転でも運転席には人が乗るはずです。ただ普段、運転はしないので給与は下がるでしょうが。

国内外を含めて権威のある調査機関がAIによって多くの仕事が消えると不安を煽っていますが、仕事の合理化は進んでも仕事そのものが消えるケースは多くないかもしれません。

これを読んでいるあなたの仕事がAIに取って代わられると思いますか?合理化は進んでも形を変えて仕事は残ると思うと答える方が多いのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 

あえて今、朝日新聞の購読を開始した [日常]

以前にもこのブログで書きましたが、現在、読売新聞を定期購読しており先月からの値上げの後は継続するかどうか考えているところです。

読売オンラインの内容次第で判断しますが、読売新聞のサイトのレイアウトが大きく変わったのでまだ慣れません。

また日経新聞は、かつて電子版を契約していましたが、某証券会社に口座を保有すると無料で日経テレコンが読めるので電子版は解約しました。

そのような状況の中、先程、朝日新聞のシンプルプランというサービスに契約しました。月980円で月300本まで有料記事が読めるというサービスです。

朝日新聞というと私は偏った報道をするという偏見を持っていましたが、ホームページでここ数ヶ月の有料記事のタイトルを見ると魅力的な記事を書いているなと感じていました。

特に経済面にも力を入れているように感じます。

月980円で月300本読めるというサービスは自分にマッチしていると考えて初の朝日新聞購読です。(ネット記事だけですが。)

朝日新聞のシンプルプランのようなサービスを他社も行うようになると、新聞紙面に広告を載せるという従来の宣伝方法は大きな変化を余儀なくされることでしょう。

そもそもお金を払って新聞を行動しているのに紙面の大半が広告では、「何で金を払って下らない広告を見せられているのだろうか」と疑問を感じている方もおられると思います。

新聞社は不動産にも恵まれ、広告も大事な収入でしょうが、やはり記者が足で稼いだ記事で勝負すべきです。

最近はヤフーが独自に取材した記事をヤフーに載せるようになってきました。

今後も新聞業界の動向を注視して行きたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりのTOEIC受験 [日常]

今日はTOEICを受けて来ました。

年に1回、この時期にTOEICを受けています。1年割引が使えるためと定期的に英語力を客観視したいためです。

学生時代は英語サークルに入っていたものの、今回は全部は終わらず最後の1題(5問)が塗り絵になってしまいました。

HULUに加入しているとBBCとCNNを観ることができ、時々、ラジオ代わりにサイドディスプレイでつけていたので今回は恐らくリスニングは多少は改善したでしょうか。

ちなみにCNNはアメリカの公務員の給与未払いが連日、報道されていました。ニュース番組やドラマの英語に比べるとTOEICの英語は聞きやすいです。

TOEICで高スコアでも実際には英語が話せない人が多くいると言われており、私も恐らく街中での外国人への道案内程度しか話せません。

ただ、2020年の東京五輪ではボランティアには参加しないものの、何かしらの形で日本を訪れる外国人のお役には立ちたいと思っています。

東京五輪と言えば竹田会長の話題が急に活発になってきました。昔から言われていることであり、今更感もありますが、これが深く追求されると歴代のオリンピックだけでなくサッカーのW杯まで火の粉が飛ぶことになるかもしれません。

今更、東京五輪が中止になることはあり得ないと思いますが、五輪やW杯などの暗部には切り込んで改善できる点は改善してもらいたいものです。

一部ではゴーン氏の逮捕に対する仏の報復だと言う声も聞きますが、仏の上層部はそんな幼稚ではないと思います。

ただ仏は民主主義が進んだ国だと言う声も聞きますが、収まりつつあるものの連日あった暴動を見ると親仏派の買いかぶりのような気もします。


nice!(0)  コメント(0) 

Amazon時価総額トップに躍進 [日常]

遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

米国市場でAmazonがMicrosoftを抜いて時価総額トップに躍り出たと先日、報道されました。

GAFAと言われる4社のうち広告に頼るGoogle、Facebook、マニアに支持されているAppleは過大評価されていると個人的には思っていましたが、Amazonは利益分を次々と新規事業への投資に回して株主に優しい会社とは言えないかもしれませんが、その事業への投資への期待感が株価を押し上げているのでしょう。

Amazonに関しては先日、紹介した成毛眞氏の書いた書籍が参考になります。GAFAのうちAmazonは明らかに将来性があるとわかります。

さて、そのAmazonですが、創業者のジェフ・ベゾス氏が離婚したとのニュースが流れています。詳しい経緯はわかりませんが、恐らく結婚後にAmazonは上場しているでしょうから元奥様はかなりのお金を手にすることでしょう。

ただし、今のAmazonがあるのも元奥様が旦那様を支えていたからと考えると元奥様に多額のお金が渡るのも理解できますが額が額です。

一方で上場後まで結婚しなかったFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏はその点、計算高いと言う意見もありますが、Facebookの場合、上場日が流動的でなかなか確定しなかったので、たまたま上場後に結婚したという記事を見ました。

こういう話は金融日記の藤沢数希氏の専門分野だと思うのですが、FPの関係する年金においても勘違いしている方が結構います。

離婚すると旦那様の年金の半分が分割してもらえると思っている方もおられるかもしれませんが、旦那様との結婚前の年金については分割の対象になりません。

そのため、いざ熟年離婚したものの計算が狂うと行ったケースも稀にあるようです。

離婚前に日本年金機構の年金事務所で配偶者には秘密で離婚後の年金試算が50歳以上だとできるようですが、世の中、知らないと損することだらけです。

結婚後に築いた財産が離婚時の分割の対象になるとのことなので、いわゆる土地持ち(地主)と結婚して離婚してもそれほど多くの分割は得られないですね。

創業者でなくて幹部でも良いので結婚後に旦那様の会社が上場するのが、離婚時には有利に働くのかもしれません。

もっとも離婚なんてせずに、あの世に行っても一緒の墓に入るのが理想でしょうが、そううまく行かないもの事実ですね。


amazon 世界最先端、最高の戦略

amazon 世界最先端、最高の戦略

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: Kindle版



損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

監査役野崎修平が韓国でリメーク [日常]

WOWOWで今年、放送された監査役野崎修平というドラマを今、レンタルして観ています。

2000年前後の銀行を舞台に監査役が活躍するストーリーですが、WOWOWらしく民放ドラマでは難しい演出などもあり見ごたえがあります。

最近では続編の原作漫画が発表されて、その題材がサブリースのアパートローンやそれらに対する銀行による融資などの問題を指摘しているとのことで機会があれば読んでみたいと思っています。

その監査役野崎修平ですが、韓国で2019年3月に「ザ・バンカー」というタイトルでリメイクされるそうです。

私は韓国の芸能人には疎いのですが、有名な俳優さんも出演されるとのことです。

私はWOWOWには加入していないのですが、今、ホームページを確認したら、各オリジナルドラマにずいぶん予算をかけているなという印象を受けます。

それだけ業績が良いのでしょう。3期分の決算を見たところ確かに伸びています。

今後も大人が満足できる渋いドラマを期待しています。

nice!(1)  コメント(0) 

病院受診で運転免許証を見せる時代が来る? [日常]

主に外国人の健康保険証を利用した「なりすまし」を行った治療行為について厚労省が対策を練っているようですが、思わぬ副作用も出そうです。

外国人が医療機関で受診する際に在留カード提示を義務付ける方向のようですが、日本人も顔写真がついた身分証明書を見せる方向で検討が進んでいるようです。

多くの国民は運転免許証を利用することでしょうが、免許証を持っていない方はどうするのかが課題になると思います。

学生なら学生証が使えるだろうと思いますが、運転免許証がないとなるとマイナンバーカードが必要になってくるでしょう。

行政としてはマイナンバーカードの普及率の向上に一役買うと思っているのかもしれませんが、運転免許証を持っていない方は役所に手続きに行くのも一苦労する高齢者が中心だと思われます。

もっとも高齢で自ら免許証を返納した方は「運転経歴証明書」という写真入りの証明書を発行してもらえるのですが、やはりマイナンバーカードに頼らざるを得ない方も出てくると思われます。

そのマイナンバーですが、早速、70万件の情報が漏洩するという問題が起きたようです。これではマイナンバーカードの信用も落ちてしまいます。

いっそのことマイナンバーカードと保険証の機能を統合して、マイナンバーカードを写真がついている保険証としてしまえば国民は楽かもしれませんが、政治家も役所もそこまで踏み込む勇気はないだろうと思います。

今一度、何のためにマイナンバー制度(カード)を作ったのか、バルト3国辺りの先進した国を参考にして頂きたいです。

追記:厚労省は2020年度から、マイナンバーカードを健康保険証の代わりとして使えるようにする準備を進めているとの記事を読みました。引き続きマイナンバーの有効利用に頑張って欲しいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

ソフトバンクIPOで初めて証券会社を訪れた方へ [日常]

ソフトバンクの東証一部上場を19日に控え、証券各社ではIPOの抽選結果が続々と出ているようです。

Twitterを見る限りだと補欠の方が多いとの印象を若干、受けます。

日経の記事に今回のソフトバンクのIPOで初めて個別株投資をする若者や高齢者が支店を訪れたとありました。

昔、バブルの頃、まだETFがない頃、「日経平均ください」というお客さんが来た支店があるという話がありますが、今回も「ソフトバンク1株ください。」という若者が支店に現れたようです。

今回のソフトバンクIPOで大手証券会社は将来の見込み客を手に入れることができたのだろうと思います。

仮に来年になって公募価格を割ることになれば、証券会社の支店から電話がかかってきて「損切りして別の商品を購入しませんか?」という誘いが来る可能性があります。

逆に株価が上がるようですと「利益確定して別の商品を買いませんか?」と来るはずです。

ネット証券に自ら口座を開き、IPOに応募した方は心配ないと思います。

しかし、今回のソフトバンクIPOがきっかけで大手証券会社の支店に足を運び初めて個別株投資に手を出す方は、証券営業に免疫がないはずです。

恐らく低コストのインデックス投信への積立投資などということも知らないのでしょう。

今回のソフトバンクIPOはテレビCMもあり初めて投資をする層を取り込みましたが、来年にはいつの間には別の高コストの商品を追加で購入している可能性もあります。

大手証券会社としては今回の幹事で新規のお客さんを獲得できて嬉しいでしょうが、証券営業に免疫のない新規投資家の今後が心配です。

もっとも最近は回転売買もなくなり預かり資産の増加を営業目標にしている会社も増えているようですが、その結果、コストの高いファンドラップなどを勧めらる新規投資家の方も出てくることでしょう。

注)ソフトバンクIPOの初値やその後の動きについては誰にもわかりません。投資は自己責任で行ってください。

nice!(0)  コメント(0) 

新聞業界の将来が心配 [日常]

ネット上の噂の段階ですが、読売新聞が月数百円の値上げを検討しているようです。

うちは読売新聞を現在、購読していますが、仮に値上げとなったら新聞を止めるか、安い東京新聞に代えようと考えています。

以前は日経電子版も契約していましたが、楽天証券に口座を持つと日経テレコンが読めるので日経は解約しました。

ジャニーズ事務所のタレントさんが写っている広告を白紙にして電子版に乗せていた日経さんに、がっかりしたのを覚えています。

読売が値上げすれば他紙も後に続くはずです。せっかく軽減税率の適用を受け、解約圧力から緩和されたと思ったところに自ら値上げをする新聞社の考えがわかりません。

様々なコストのため利益になっていないのなら記者や社員の待遇を下げるなりするのが先だと思いますが。

値上げと同時に多くの家庭が惰性で購読していた新聞を解約することでしょう。今や新聞チラシもその店のホームページで公開されている時代です。

今でも新聞を見ると尿もれ防止パンツや健康食品などの広告ばかりです。仮に値上げしても主力購読層である高齢者は契約を継続するかもしれませんが、現役層はそうは行かないと思います。

噂になっている読売の値上げが新聞業界の首を自ら絞めることにならないように祈ります。



nice!(0)  コメント(0) 

趣味とお金と健康 [日常]

世の中、色々な種類の趣味がありますが、私の場合、DAZNなどのネットでスポーツ観戦をすることと主に図書館で借りてきた本を読むこと、ツタヤディスカスでDVDやCDの郵送レンタル、dマガジンで雑誌を読むことくらいです。

それと気が向けばウォーキングや筋トレを行っています。

実にお金のかからない趣味です。一方で男性アイドルグループの追っかけをしている女性はコンサート目的で日本中を飛び回り宿泊、チケットとお金を使う方もおられるようです。

あくまで個人的な意見ですが、FXや仮想通貨に手を出して火傷するくらいなら男性アイドルグループのファンとしてお金を使ったのが有意義だと感じます。

さて、来年の私の趣味ですが、ネットによるスポーツ観戦の楽しみが減ってしまいました。

1つ目は読売巨人軍の監督が高橋由伸氏から原辰徳氏に代わってしまったことです。一度は由伸氏の胴上げが見たかったのもあるし、最近の報道でまた今年も金に物を言わせて有力FA選手をかき集めている様子を見ていると積極的に応援する気がなくなります。

2つ目はJリーグです。本日、応援している柏レイソルの9季ぶりのJ2降格が決定しました。ACLに出場したチームがその年にJ2に降格ですからショックも大きいです。

一度、J2に落ちるとJ1に這い上がるのには相当、苦労します。現在の戦力も他チームからの引き抜き等で維持できないと考えられます。

そうは言っても、来季になれば、再び原巨人もJ2柏も今年と変わらないぐらいに応援しているのでしょう。

気がつけば2018年もあと一ヶ月強。もうすぐ2019年。そしてあっという間に2020年が来て東京五輪です。また、その後に気がつけばすぐに大阪万博が来ていると思います。

2025年の大阪万博までに日本の医療介護体制や財政問題に大変革が起きると思いますが、なんとかして時代に食らいついて行こうと思います。

2025年まで7年あると思っていても、あっという間にその時はやってきます。

まずは無事に2020年、2025年を迎えられることが大事。そうなるとやはり健康第一。スポーツ観戦ではなく自らスポーツを趣味にすることも必要ですね。

最近、再開したウォーキングも休みがちになっているので、そう痛感します。




nice!(0)  コメント(0) 

口コミで牛乳石鹸赤箱を購入 [日常]

ブログのネタが思いつかないので最近の出来事を少々。

最近、牛乳石鹸の「赤箱」が汎用性が高いと女性を中心に評価が上がっているようです。

東日本、関東にお住まいの方は「赤箱」には馴染みがないかもしれません。実際、多くの関東の小売店では「青箱」しか販売されておらず、関西の赤箱、関東の青箱という棲み分けがされていました。

ところがネットを中心に赤箱の人気が高まるようになって最近、関東の小売店でも赤箱を見るようになりました。そこで試しに赤箱を購入してみました。

匂いは青箱に比べて落ち着いています。青箱の方が香りがきついです。私の髪型はベリーショート、要は坊主に近いので頭を含めて全身、石鹸で済ませています。赤箱を使用したところフケが出にくくなったようです。頭皮に合ったのでしょうか。

季節もいつの間にか秋も終わろうとしており、暖房の季節になってきました。冬になると困るのは眠くなることです。

春の花粉の時期も眠いのですが、冬はまるで熊の冬眠のように眠くなってしまいます。一旦、睡眠のリズムが狂うと元に戻すのに手間がかかります。気をつけたいものです。

今週は休肝日ウィークです。普段、ビール類は飲まずに焼酎やウィスキーを飲んでいたのですが、しばらく休肝日にすることにしました。

理由は飲むと頭が回らずに効率が落ちるからです。寝る前の飲むのなら良いのでしょうが、睡眠に支障が出ると言われています。

一方、夕食前後に飲んでしまうと頭が回らなくなり、読書もできなくなります。要は時間が無駄になってしまいます。

今後も飲酒は付き合いの席だけに限定しようと考えています。

酒を飲むと何か食べたくなって寝る前に口に入れてしまうのも前から改めようとしていたので丁度、良いですね。

nice!(1)  コメント(0)