So-net無料ブログ作成

マイナンバーカードを受け取る [日常]

先月にWEBからマイナンバーカードの申請をしました。

https://miyaki-fp.blog.so-net.ne.jp/2019-03-21

今日、受け取り場所が記載されたハガキ(普通郵便)が届いたので早速、取りに行きました。

ちなみに私の受け取り場所は合併で消えた側の自治体の元役所(現支所)で受付は平日のみで夕方17時15分までとなっていました。

私は自営業なので時間の融通が効きますが、休日でも受取可能にしないとカード普及は広まらないと感じました。

当初は配達記録郵便で送れば済むのにと思っていましたが、役所に行ってからが大変でした。

まず運転免許書のコピーを取られます。次に持っていったマイナンバー通知カードを提出します。もし通知カードを紛失してしまった方はどうなるのでしょうか?

次に届いたハガキの裏に住所、記名、捺印をします。印鑑を忘れた人は出直しです。

これからの流れは自治体によって同じなのか不明ですが、紙にアルファベットと数字のパスワード1つと4桁のパスワードを3つ書きます。

まさかマイナンバーカードのパスワード番号が漏洩することはないと思いますが、外部業者に委託を繰り返す日本のIT産業では何が起きるかわかりません。

多くの人が突然、パスワードを求められ銀行キャッシュカードや運転免許書のパスワードと同じ番号を心理的に入れてしまうと思います。

次にその書いた紙を元に富士通製のタブレット端末にパスワードをタッチ入力して行きました。

これで手続き終了。有効期限10年のマイナンバーカードを受け取りました。ただマジックで職員が書いた有効期限は5年でした。

理由を聞くとe-Taxを利用するなどしている人は有効期限5年だそうです。私はe-Taxは利用していないので有効期限は10年ですが、あえてマジックで5年後の期限を書いた訳がピンと来ませんでした。(詳しく理由は聞かなかったが。)

保険証の機能が追加された時は、また手続きが必要かと聞いたら、「まだ具体的に決定していないのでわからない」とのこと。

受け取った感想は「これは広がらないわ」という一言です。

まずマイナンバー通知カードを紛失してしまった方は再発行が必要で、場合によっては警察での紛失届が必要になるケースもあるようです。

役所に行っても手続きが色々とあり正直、高齢者一人では厳しい方もいると思います。

今はマイナンバーカードの作成は任意ですが、全国民が作るようにと強制にしないとシステムとして機能しないと思います。

そもそも銀行も証券もマイナンバー登録が先延ばしになり資産課税など夢のまた夢です。

今回、カードを作ってみて、何かしらマイナンバーカードを持っていた方がお得になるという目に見えるメリットが必要だと個人的には感じました。

小説1984のような監視社会は嫌ですが、せっかく予算をかけて作ったのだからマイナンバー制度の有効活用を政府には期待します。

nice!(0)  コメント(0) 

北千住駅のプラットフォーム [日常]

もう15年近く前になりますが、短い間でしたが東京都足立区北千住に住んでいたことがあります。

詳しいデータは検索していただければと思いますが、北千住駅は利用者数で日本でも指折りの巨大ターミナル駅です。

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)、常磐線、千代田線、日比谷線、つくばエキスプレスが通り都心部へのアクセスが良い割には家賃が低めだったので穴場だったのですが、最近は大学の誘致が成功して若者が多く住むようになっているようです。

さて、そんな中、シンガーソングライターのあいみょんの新曲「ハルノヒ」でいきなり北千住駅というキーワードが出てきます。

関西出身のあいみょんはクレヨンしんちゃんで北千住を知ったようですが、これってマーケティング的にうまいなと感じました。

先述のように北千住駅は埼玉東部、千葉北西部という人口の多いベットタウンの住民にとって馴染み深い駅であり、かつ、東京下町の象徴的な駅でもあります。

ハルノヒの歌詞でびっくりしたのは私だけではないと思います。

東京メトロのCMではこれまた北千住がピックアップされていて石原さとみさんが北千住を案内しています。

足立区というと一時期はマイナスイメージが強かったですが、徐々に変わりつつあるようです。

近年では北区の赤羽がブームになったように人気タウンも変わっていくものですね。

東京メトロのCMは下記URLで観られます。(当初は動画の埋め込みをしましたがサイトが不安定になったのでURLのみの記載に代えました。)

https://youtu.be/MVOpTz3n0HY
nice!(0)  コメント(0) 

百均の「ミニ情報カード」が便利 [日常]

100円ショップで購入した品物で最近、重宝しているものがあります。

「ミニ情報カード」と呼ばれる厚紙のメモ用紙です。百均の会社によりますが、100枚、もしくは200枚入りで108円です。

もともとアイデア出しのツールとして色々と頭に浮かんだ単語を書き出すために買ったのですが、今では別の使い方に変わっています。

例えばスーパーに買物に行く際に広告などを見て必要なものをメモするのに、この厚紙がサイズ、厚さともに丁度良いです。

この頃、忘れやすくなってきたと感じます。検索をしようとしたのに何を検索しようとしたのか、ど忘れすることが増えました。また後で検索しようと頭に片隅に置いておいたことが飛んでしまったりすることも増えました。

その対策として、頭に浮かんだことは、ミニ情報カードや印刷ミスした紙の裏にでも、とにかくメモするようになりました。

良いアイデアや気付きがあっても忘れてしまったらもったいないです。

スマホやタブレットにアイデアを保存するのも良いですが、私はシンプルな紙とペン派です。

ミニ情報カードは意外と汎用性が高く便利な品ですので百均に行った際には1つお勧めです。

nice!(0)  コメント(0) 

まさかの車検難民? [日常]

明日はいよいよ新元号の発表がなされ5月に新天皇陛下が即位されます。

このタイミングで平成最後の年度末の3月末に店を閉店、廃業する方が多い気がするのですが、私の気のせいでしょうか?

その背景には跡継ぎ不在の問題などが見られます。

4月は私の車の車検の時期なのですが、いつもお願いしている自動車整備屋さんが3月末で廃業とのこと。お爺さん1人で切り盛りしていたので平成も終わる年度末で区切りをつけたのでしょう。

そこで今度は親戚が車検を依頼している大手中古車販売店に問い合わせたら、こちらも3月末で店を閉めるとのこと。こちらは土地の契約更新でより良い借り手が出たため営業が続けられないと聞きました。

自動車整備工場や車検をチェーン展開している店はありますが、どうも初めて頼むには躊躇(ちゅうちょ)します。でも車検は受けないと不味いし。ディーラーなら安心だけど高そうだし。

車好きな方は自力で車検場で車検を通すケースもあるようですが、私にはそのノウハウがありません。

自賠責保険を含めた車検代、任意自動車保険料と出費は辛いです。でも田舎なので車がないとかなり不自由です。

4月からは様々な値上げが続きます。新聞では読売の後を追って東京新聞が値上げを発表。そのうち他紙も続くと思います。

国民年金保険料も来年度も値上げです。産前産後期間の保険料免除制度導入のため、その財源にするとのこと。

来月には固定資産税の通知も届くでしょう。

これで10月に消費税10%への引き上げでトドメを刺されると思うと倹約しようと改めて思いました。

消費増税は仕方ありませんが、代わりに自営業者の所得税・住民税・固定資産税・国民健康保険料、国民年金保険料が増え続ける現状はどうにはならないでしょうか。

iDeCoはやっていますが、ふるさと納税もしておけば良かったと今、思います。

実質賃金マイナスで社会保障負担が増加していて手取りが減少している中、消費増税ですから安倍総理は歴史に名を残すと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

マイナンバーカードをWEBから申請する [日常]

今までマイナンバーの通知カードという緑の紙は持っていましたが、カードは持っていませんでした。

Yahooの広告で1日1万件の新規申請があるとのマイナンバーカードの宣伝を見て専用サイトを覗いてみました。

私はマイナンバー申請は役所に足を運んだり、種類を郵送する必要があると思いこんでいたのですが、WEBにアップロードできる写真があれば専用サイトからマイナンバーカードの申請ができることを初めて知りました。

早速、マイナンバーカードの申請を専用サイトから行いました。

政府もサイトから申請できることをもう少しアピールすれば申請数は急増するだろうにと感じました。

アップロードした写真に問題なければハガキが届き、役所でカードを受け取ることになるのだろうと思います。

将来は、マイナンバーカードに保険証の機能が追加されるとのことですが、正直、金融機関へのナンバーの登録も中途半端な状態になっており、何のためにマイナンバー制度を作ったのか正直よく見えません。

ただ将来的には緑の紙の通知カードではなくマイナンバーカードが必要になる時代が来ると感じ今回、申請しました。

興味のある方は下記サイトを御覧ください。
https://www.kojinbango-card.go.jp/

nice!(0)  コメント(0) 

米国サマータイム始まりました [日常]

今まで日本時間23時半に始まる米国市場が既に開いているので確認したところ3月10日から米国でサマータイムが始まったようです。

日本時間で米国市場の開始は22時半、雇用統計の発表は21時半と1時間早まりますのでご注意を。

米国のサマータイムは11月3日まで続くそうです。

一時期、日本でも東京五輪に向けてサマータイムを導入しようという意見がありました。良識派の主張が通ったようで、その案はなくなりましたが、SEの方々はゴールデンウィーク返上で新元号へのシステム移行があるのかもしれませんね。本当にご苦労さまです。

人間にも体内時計というものがあり規則正しい生活をしていると、目覚まし時計がなる直前になぜか起きたりします。

私は比較的、夜型なのですが、ゴミ出しの日の朝は早く起きないといけないのでリズムが崩れます。

昼間に昼寝などしようものなら今度は夜に眠れなくなります。

昼間の疲れで布団に入った瞬間に眠りにつける生活が一番だと感じます。

もっとも休みの日の前夜は布団の中で考え事するのも嫌いではないのですが。

睡眠は大事です。十分に眠れないという方は心療内科にでも行って睡眠導入剤を処方してもらってでも睡眠には気を使うべきだと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

映画「翔んで埼玉」を春日部で観る [日常]

映画館で映画を観ることはそう多くはないのですが、久しぶりに映画館に行き「翔んで埼玉」を観てきました。

私の家は千葉県ですが江戸川沿いで川を越えれば埼玉県春日部市です。なんだかタイトルに惹かれて観に行きました。

観た場所は春日部のイオンモール。映画で何度か春日部が登場して映画館内が湧いていました。

埼玉をディスる映画という宣伝でしたが、千葉、群馬など他の関東地方もこき下ろされていました。

観た感想として実は県のイメージダウンになったのは神奈川県ではないかという描き方でした。もっとも東京都と神奈川県は映画内では馬鹿にされていないのでさすがといったところ。

埼玉県民だけでなく千葉県民(特に東葛地区にお住まいの方)は一層、楽しめると思います。

映画館内で周辺から笑い声がする映画ってのは個人的には初めてでした。

フジテレビは本業のテレビ放送事業では苦戦しているようですが、映画事業など周辺事業では商売上手だと思います。

今月下旬には映画館で観られなかった「コード・ブルー」のDVDレンタルが始まるようなので観てみようと思います。

インターネットが登場して2時間、映像を観るのが相対的に辛くなってきた気もします。1時間のテレビドラマでさえ敬遠してしまうほどですから。

今シーズンでは「家売るオンナの逆襲」が途中で挫折してしまったのでゴールデンウィークにでもHULUで追っかけようと思います。

話は戻りますが、育った地域にもよりますが、映画「翔んで埼玉」オススメです。

nice!(0)  コメント(0) 

読売新聞オンラインの招待状がようやく届く [日常]

読売新聞が4037円から4400円に値上げして読売新聞のサイトも新しくなりました。

3月いっぱいは無料で読めるニュースや記事も4月以降は定期購読者以外は読めなくなります。

先日、読売新聞オンラインの招待状を販売店からいただきました。既に読売新聞オンラインには登録していたので、新たにいただいたIDとパスワードを入力して既存の登録情報との紐付け作業を行いました。

招待状のIDとパスワードは数字やアルファベットの大小文字が混じっており結構、複雑です。

今時、新聞を購読している方は高齢者がほとんどだと思うので、今回の読売新聞オンラインの招待状をもらっても意味がわからずに放っておく読者も結構おられると思います。

少なくても読売新聞のデジタル担当のサポートセンターはしばらくの間、忙しい日々が続くでしょう。

以前は読売新聞の値上げに伴い安い他紙に代えようかと考えていましたが、当分はこのまま契約を維持して様子見しようと思います。

その他にも朝日新聞デジタルの月980円で月100本までの記事が読めるというサービスに加入しています。

また某証券会社の口座保有で日経テレコンが無料で読めるので重宝しています。

NewsPicksなどのサービスも支持を集めてきているようですが、私は今の所、未加入です。

dマガジンで雑誌の一部が読み放題になるなど、時代と共に情報があふれるものの、その価値自体は低くなっている気がします。

ただ同然で色々な情報が得られる時代になって嬉しい一方で、記者という仕事が買い叩かれている現状を見ると将来の記事の質にも影響を与えかねないと危惧しています。

nice!(1)  コメント(0) 

DAZNにてセリーグ視聴可能試合数が激減へ [日常]

DAZNがやってくるまでプロ野球をネットで観るにはスポナビライブというサービスがありました。

DAZNが日本で営業を開始して、そのスポナビライブを吸収する形になり昨年は巨人主催試合以外はほぼDAZNでセリーグの試合が観られました。

巨人ファンの場合、ホームはHulu、アウェイはDAZNでセリーグの試合を楽しめたのでした。

ところが今年からどうやら巨人主催だけでなく広島主催、ヤクルト主催の試合がDAZNで観られなくなるようです。

巨人ファンの私の場合、ホーム戦はHuluが利用できますが、アウェイではDeNA、阪神(5分遅れ)、中日(一部試合のみ)しか観られなくなります。

スカパーの衛星放送などでは全試合を観られるコースもあるようですが、AmazonFireStickを利用して複数の部屋で観るには去年のHulu+DAZNがベストでした。

広島とヤクルトがDAZNから降りたのは、独自配信したのが儲かるとそろばんを弾いた結果でしょう。

ただ、その読みは外れるかもしれません。私はヤクルト主催試合を観るためにフジテレビONEなどに新たに加入するつもりはありません。

そもそも今回のDAZNの変更を知ってセリーグ自体に呆れてしまい、パリーグに鞍替えするか野球観戦自体を止めようかと思っています。

元々は独自配信を貫く巨人のせいで他の球団も後を追ったのだろうから読売に責任があると思うのですが、去年よりサービスレベルが落ちてしまうDAZN側にも失望しています。

交流戦・日本シリーズを観ての通り、ただでさえパリーグより弱いくせにファンの気持ちを無視して縄張り争いしているセリーグの将来は暗いなと感じました。

追記2019/03/09:巨人主催試合がDAZNで観られるようになるとの報道。DAZNは巨人を説得できる力と資金があるならなぜ広島とヤクルトを説得できなかったのか疑問です。


nice!(1)  コメント(0) 

サントリーがBOSS紅茶を3月に発売へ [日常]

最近、ホットの無糖紅茶を良く飲んでいます。時々、業務スーパーで買った生姜紅茶というものも飲んでいます。どちらもティーバッグでお湯があれば簡単に作れます。

以前はコーヒーを飲んでいたのですが、なんだか最近、紅茶を好むようになりました。またコーヒーでも紅茶でも牛乳を入れると味がしつこくなり苦手になってしまいました。

夏になれば恐らくインスタントコーヒーを使ったアイスコーヒーに戻るのかもしれませんが、最近は粉末タイプの紅茶の種類も増えているので夏場も紅茶になるかもしれません。

さてサントリーのBOSSと言えばコーヒーで有名で、テレビCMも宇宙人ジョーンズシリーズを始め良作ぞろいです。個人的にはクラフトBOSSのシリーズが特に好きですが。

そのクラフトBOSSシリーズでサントリーが3月中旬に無糖紅茶の発売を開始するそうです。

紅茶と言えばキリンの「午後の紅茶」が有名ですが、無糖紅茶市場はブルーオーシャンかもしれません。無糖紅茶に対するニーズは結構、あると思います。

午後の紅茶も商品ラインナップとして無糖はあるようですが、押しがイマイチ弱い気がします。

またBOSSクラフト無糖紅茶がヒットすれば次の冬に向けてBOSS紅茶クラフト生姜紅茶なども出しても当たるかもしれません。

海外では緑茶に砂糖が入っているものが売られています。しかし、シリコンバレーでは伊藤園の通常の無糖緑茶が口コミでエンジニアの間で人気があるようです。健康志向もあるのでしょう。

冒頭で書いたように年をとると「さっぱり」した飲み物を好みだすような気がします。お年寄りの定番が日本茶のように。

一度、紅茶に慣れてしまうとコーヒーになかなか戻れません。暖かくなる季節に向けてティーバッグなどによる水出し紅茶が作れる商品がないか調べてみようと思います。

nice!(0)  コメント(0)