So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年の相場を振り返る [FP]

今年の大納会は大発会より下落して7年ぶりに日経平均は年間で下げて終わりました。

今年は個別株投資、特に信用取引で新興株を触っていた人が大火傷した年だと思います。個別株投資で今年、益を出して終わった方は少ないのではないでしょうか。

話を聞く限り、信用取引を含めレバレッジを効かせた投資は恐ろしいなと感じました。

一方、NISAやiDeCoなどによる投信の積立投資も12月の相場急落で一気にマイナスになった方が多いと思います。

もっともNISAやiDeCoは長期投資が基本の仕組みですのでマイナスになったからと言って、がっかりする必要はなく、むしろ、将来に向けて安く仕入れられると発想を変えるべきです。

来年の相場については悲観的な意見が多くを占めています。もっとも2019年末になるまでどうなっているかは誰にもわかりません。

今年は人生100年時代という、いかにも金融機関が不安を煽って商品を買わせるのに都合の良い言葉が流行りました。

投資でその準備をするのも1つの案ですが、自分を資本にいつまでも働き続けることが金銭的、健康面でもそうした社会に一番だと思います。

NISA、つみたてNISA、iDeCoの仕組みを利用して本業に邁進するのが王道だと言えます。

話は飛びますが、人生100年時代と言う割には70歳前後、またはもっと歳下で亡くなる方が増えている気がします。

健康診断で病気が発見できればまだ良いものの、心臓疾患や脳出血などの突発的な症状がいつでるかもわかりません。

健康に気をつけていても「絶対」に長生きできるとは限らないところに儚さ(はかなさ)を感じます。

結局、今日は、ぼーとして1日が過ぎてしまいましが、1日1日を有意義に使いたいものです。もっとも年末年始ぐらい「ぼーとしても」良いだろうし、チコちゃんにも怒られないと思います。

それでは良いお年をお迎えください。今年もありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。