So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

紹介状なしの一定規模以上の病院の追加負担について [日常]

現在、病床数の多い大病院に紹介状なしで診察を受けに行った際に、患者は追加負担をしていますが、その病床数が引き下げられ4月から追加負担を強いられる病院数が増加するようです。

調査によると追加負担の導入で軽症の患者数の減少が見られ、大病院の本来の役割に集中できるようになったとの記事を読みましたが、個人的にしっくりきません。

かかりつけの開業医が経営する個人医院で検査を受けても、結局は紹介された大病院でまた同じ検査を受けるケースが多いと思います。

紹介状とともに検査データも引き継がれていますが、結局は紹介先の大病院で再検査です。

だったら5000円の追加負担を支払ってでも、最初から大病院に行ったのが効率的だと思う患者が増えてもおかしくありません。

紹介状なしで5000円を追加負担にするっていうのはいかにも経済学的ですが、病院側も意識を多少は変えてくれないと大病院に初患が集中する傾向に大きな変化は起きないと感じます。

一番、大変なのは明細を見た患者から詰め寄られる会計担当者かもしれませんね。

紹介状なしの初診、再診に追加負担がかかることを理解していない方が多い気がします。4月前に厚労省が改正を周知してくれることを期待します。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。