So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

国民年金保険料支払いのクレジットカード情報変更完了 [FP]

国民年金(+付加年金)の支払いをしているクレジットカードの有効期限が8月で切れたのでカード情報の変更手続きをしました。

日本年金機構のコールセンターに電話して用紙を送ってもらいましたが、日本年金機構のホームページにもPDFが用意されています。

8月上旬に管轄の社会保険事務所に用紙を郵送して先週、「国民年金保険料クレジットカード納付開始(変更)通知書」というハガキが届きました。

9月の予定もきちんと書かれてあり安心しました。(ちなみに私は毎月払いです。半年や年間の前払いだと年金保険料がお得になります。)

なぜ安心したかと言うと、もし手続きが長引いて9月の手続きが間に合わないとしたらiDeCoにも影響が出るかもしれないので心配していました。

iDeCoは国民年金保険料が支払われたかどうかを確認して毎月、引き落としを行っています。

付加年金の手続きの際には2ヶ月近くかかったものの、今回は1ヶ月で手続きが完了してとりあえず心配事は解消です。

ちなみに変更用紙を提出した後にネット検索で気がついたのでですが、クレジットカード会社によっては有効期限が来ても情報更新の手続きをする必要がないケースもあるようです。

以前のハガキにはそのカード会社の一覧が記載されていたようですが、現在では「社会保険事務所に問い合わせてください」としか書かれていません。

ちなみの私の使用しているカード会社は基本的に有効期限更新の手続き不要だったようです。

日本年金機構のコールセンターのお兄さんにカード会社名も伝えましたが気が付かなかったのでしょうか。

せめて日本年金機構のホームページに有効期限の情報更新が不必要なクレジットカード会社の一覧を載せてほしいと思います。探したところ、そういうページは見当たりませんでした。

その辺の日本年金機構の感覚が国民とずれている気がします。職員の意識を変えるには国税庁と統合して歳入庁にでもするしかないのでしょうか。

日本年金機構の各職員は頑張って仕事していると思いますが、組織や仕事の流れが限界に来ていると感じます。

nice!(0)  コメント(0) 

ウォーキングを再開 [日常]

秋らしい空気になってきました。

プロ野球は今月でペナントはほぼ終了。残念ながら巨人はBクラスが濃厚です。高橋由伸監督が来季も継続との報道が出ていますが、来季こそは巨人頑張れ!

上原と澤村で15勝近く損しているんだから、本当に今シーズンは惜しかった。

さて、今年に入り体重がまた増加傾向にあるため、今日、5年ぶりにウォーキングをしました。18時半から1時間。

久しぶりに江戸川のサイクリングロードを歩いたら、この5年間で工事を行いコースの幅が拡張されていました。これなら自転車との事故も減るだろうし、ウォーキングで歩きやすい。

経験上、実は運動よりも食事制限の方がはるかにダイエットに効果あるのですが、気晴らしにもなるので今後もまた継続的にウォーキングしたいと思います。

外は暗くなっていたので首からLEDライトを付けて歩きました。これウォーキング以外にも夜の作業などに使え汎用性が高いです。


パナソニック LEDネックライト 「くまモン」デザイン ブラック BF-AF10/JKM

パナソニック LEDネックライト 「くまモン」デザイン ブラック BF-AF10/JKM

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン




nice!(0)  コメント(0) 

税調、金融所得課税に案の定、狙いをつける [FP]

宮沢税調会長が、金融所得課税について「若干、軽いのは事実だ」と述べる一方で、「株式市場への影響は相当注意深く見ていく」とも発言しました。

確かに復興特別所得税を含め20.315%より高い税率の国も海外に存在しますし、海外では金融商品の保有期間によって税率が変わるケースもあります。

日本でも不動産譲渡の税金が似たような制度になっていて短期売買は税率が高いです。

税調としてはNISA、つみたてNISA、iDeCoなど非課税の制度が充実してきた結果、金融所得課税の強化を行っても批判は少ないだろうと考えているのかもしれません。

宮沢会長は「金融市場の動向にも注視する」とおっしゃっていますが、かつて軽減税率10%が元の20%に戻った際には年末に利益確定の売りがあったものの相場の暴落はなかったはずです。

ただ、前回は特例が元に戻ったのであって、増税という扱いになると投資家の捉え方も多少、異なるかもしれません。

NISAはともかくiDeCoに関しては受取時の状況によって非課税とはいかずに税金がかかるケースがあり、受取時の計画も非常に大事になります。

NISAも恒久化してくれないと安心できる制度とも言えません。

金融所得課税と言っても預金金利からデイトレのキャピタルゲインまで幅広い対象があります。

預金金利や株式の配当金は従来通りで、金融商品の短期売買のキャピタルゲイン課税については多少の負担増に持っていく辺りが、もし金融所得課税強化を行うのなら一つの考え方になると思います。

話は飛びますが、金融所得課税については言及するものの、今、流行っている法人向けの節税のための新保険商品について税調はどういう立場なのか気になります。

保険による節税については新しい仕組みができるたびにその穴が埋められていくというイタチごっこが続いています。

私は、損害保険は重要だと思っていますが、生命保険の存在意義については多少の疑問を持っています。私は保険代理店ではないのですが、税調の認める節税の範囲には気になります。

また参議院の藤巻健史議員は仮想通貨の総合課税を止めるべきだと主張されています。

預金、株式、債券、仮想通貨、FXなど納得の行く税制に落ち着いてくれたら良いなと願っています。

nice!(1)  コメント(0) 

大阪のかんぽ営業マン営業停止で収入激減

日本郵便で保険販売をする大阪の郵便局の40代男性社員が最高月収300万円から約4000円に激減したとのニュースがありました。

原因は顧客からの苦情で営業禁止処分にされ顧客フォローができずに解約が増えたためとのことです。

月300万円も稼ぐ営業マンという一面の一方、日本郵便としては営業禁止にしなくてはならないほどの苦情が来ていたのでしょう。

銀行が投信や保険を扱い始めた際に、「銀行の売るものだから大丈夫、安心」と信じて投信や保険を購入して大損した高齢者が多数存在します。私の亡き父もその一人です。

田舎だと銀行の店舗も少なく、銀行より郵便局が高齢者に頼りにされています。

数日前のエントリーで、盆に親御さんの付き合いのある金融機関等は把握した方が良いと書きましたが、ほとんどのお年寄りが郵便口座を保有しているはずです。

盆にミヤネ屋で放送されていた相続特集では、半数以上が親子で資産の話をしていないとのアンケート結果が出ていました。

自分の親の資産運用はわからないという方も多いでしょうが、いざ、親御さんが亡くなってから郵便局で投信やら保険やらを購入していた事実が発覚しても、ケースによっては大損している可能性もありえます。

田舎における郵便局の信頼度は圧倒的です。親御さんが郵便局で金融商品を購入していないか探りを入れてみることをお勧めします。

親子でお金の話はタブーだという家族も多いのは事実です。しかし、そのタブーを破らなければ、あなたの相続する財産が大幅に減少する可能性もあることも事実です。

もちろん、すべての郵便局が圧の強い営業を行っているわけでもないと思います。親御さんが納得した上で購入し、損失が出たのなら親御さんの責任です。

しかし、子供としてその購入した(する)金融商品の良し悪しの助言はできるような関係を親子で築きたいものです。


nice!(0)  コメント(0) 

日本でキャッシュレス化は進むか [FP]

アリペイやWeChatペイが広まっている中国に比べて、日本のキャッシュレス化は遅れていると言われています。

最近になって様々な企業がキャッシュレス化を進めるサービスを展開していますが、正直言って、各社が色々なサービスを展開しているので逆に混乱して私は現金を使っています。

東京五輪に向けてキャッシュレス化は課題の一つでしょうが、日本国内で考えると高齢化が進む中、現金払いの高齢者が大幅に減少することはないだろうと思います。

いくらキャッシュレス化が進んでも現金支払い派の対応もしなくてはなりません。

東京で電子マネーとクレジットカードのみ対応で現金支払いを断る飲食店がオープンしていると報道されていますが、客層が必ずスマホなどを保有している店舗なら問題ないでしょうが、高齢者を客層とする店舗では客離れにつながるかもしれません。

高齢者も最近ではガラケーからスマホに替える方も増えていますが、スマホで決済となると活用していない方も多いように感じます。一度、経験してしまえば慣れると思いますが、色々と設定などが面倒なのでしょうか。

お隣の韓国はクレジットカード利用での優遇措置を国家ぐるみで行い、キャッシュレス化のスピードが速まりました。

日本では現金支払い派を切り捨てるという方法は一部の店舗を除いて取れないでしょうから、やはりキャッシュレスの支払いに優遇措置を与える方向になるのでしょうか。

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードとキャッシュレス化と言っても様々な手段があります。

特に電子マネーとQRコードに関しては種類が多すぎて混乱します。その点、中国のQRコード支払いはほぼトップ2に集約されているので増々、キャッシュレス化が加速しています。

日本が本気でキャッシュレス化を進めたいのなら、例えば各社が色々と提供する電子マネーの形式を統一して1枚のカードで済むような社会になってもらいたいものです。

クレジットカードや電子マネーのカードを何枚も保有して、状況に応じて使い分ける現状では、高齢者の現金払いが減らないのは当然だと思います。


nice!(1)  コメント(0) 

盆を過ぎると涼しい夜風が吹き始める [日常]

今週は盆ということで家に来た親戚の叔父伯母と亡くなった両親の思い出話をしたりして時が経ちました。

ちなみにディズニーの「リメンバー・ミー」というアニメ映画を観たのですが、盆にこの内容の映画を観るという偶然はご先祖様の導きでしょうか。良い映画でした。

また録画が溜まっていたNHKのドキュメント72時間を次々と消化して行きました。日本ダービーの裏側、名古屋のデパコス(デパートコスメ)など観ましたが、恐らく今年の年末のドキュメント72時間特集の視聴者ランキング1位は大阪西成の24時間営業の定食屋さんだと思います。

一方でテレビドラマは何一つ、観れていません。綾瀬はるかさん主演のドラマが評判良いようなのですが今から観ても遅いので諦めます。無料のTverは先週だけしか観られませんし。

毎日、情報収集用のTwitter、Feedly、電子メールのメルマガ、dマガジンの雑誌などで情報を仕入れている一方でアウトプットが少なすぎると感じています。

性格上、LINEやFACEBOOKなどのSNSに手を出していないので今の所、情報に振り回されることはありませんが、流石に自営業という仕事上、LINEやFACEBOOKを活用しないと今後、生き残れないのでいつかはSNSに手を出さざるを得ません。(あくまでTwitterは匿名で情報収集目的のみで使っています。)

現在、SNSをやっていないので学生時代の同期や昔の同僚などからは、すっかり忘れられていることでしょう。

ただ、今、自分が受け入れられる情報のキャパシティは丁度いい感じで推移しているので、これ以上、ツールに手を出すと間違いなくパンクすると思います。

1日24時間は全人類平等。時代と共に変化のスピードが加速していて、その流れに乗らないと生き残れない時代です。

一方で私のようにSNSを活用していない時代遅れの人間もいます。今後も壊れるまでガラケー+タブレットの組み合わせで生活してスマホは持たないつもりです。

最近は意地でもスマホは持たないという考えになっています。まあ外国のようにスマホがなければ買い物に不便な国に日本がなったら、あっさりとスマホにすると思いますが、日本の現金払い文化はそう簡単には崩れないと思います。

しばらくはガラケー+タブレットで頑張ります。

nice!(0)  コメント(0) 

お盆に実家の親の老後を考える [FP]

うちは数年前に両親が癌で続けて亡くなり寂しいですが、視点を変えれば今後、介護の心配がないので気が楽とも言えます。

東京の盆は先月でしたが、多くの地域では8月が盆ということで実家に帰省されている方もおられると思います。

何度か、このブログでも書きましたが、盆と正月は親御さんと深い話をする良い機会です。

親御さんが金融機関から高コストの金融商品を購入していないか探りを入れてみるのも良いかもしれません。

少なくとも付き合いのある金融機関がどこかを把握していないと、相続の際にあなたが困ることになります。

また首都園ではなく地方出身者で東京暮らしの方は、親御さんの老後についても考える必要があります。

仮に親御さんが二人共、現在、お元気でも、もし片方を失った場合は状況が一変します。

その際に東京から実家に戻るケース、東京に親御さんを呼び寄せるケース、実家近くの施設に入れるケースなど色々考えられますが、事前にある程度のシュミレーションはしておいたのが良いと思います。

特に兄弟姉妹がおり、余り仲が良くないというケースでは誰が親御さんの面倒を見るかで揉め、その後の相続でも争い事が続くことになりかねません。

金融機関など業種によってはお盆休みなどないという方も多いと思いますが、帰省できた方できなかった方含めて、お盆は親御さんの将来を考える機会にしたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 

またアシナガバチに刺される [日常]

関東は台風到来前の静けさで今日は気温が低めです。盆の来客前に庭の草刈りをするなら今日しかないと思い草刈りをしていたら、なんとまたアシナガバチに刺されてしまいました。

前回、刺された際に巣ごと駆除したのですが、生き延びた蜂が2匹いたのは知っていました。その生き残りが敵討ちで刺して来ました。

それともまだ別に巣がどこかにあるのかもしれません。それは困る。

前回は左ふくらはぎ。今回は右手首です。今日はたまたま軍手をしていませんでした。長袖長ズボン。微かに出ていた肌を狙って刺してくる蜂って意外と頭良いんだなと感心しました。

前回、刺されたふくらはぎは1週間、腫れてようやく元の皮膚の色に戻りました。今回は手首だったので刺された後、すぐに口で吸って毒出しをしたためか、今のところ痛みはほぼありません。(跡が赤くなっていますが。)

前回、刺された後に、蜂取り容器なる罠の装置を購入しました。2セットで980円。コップの蜜に寄ってきた蜂がコップから出られずに閉じ込められるという装置です。

早速、庭に設置しましたが引っかかったのは人間に害のなさそうな蜜蜂のみでアシナガバチは引っかかりませんでした。そして今日、また刺される失態。

最近、Twitterで知ったのですが、この時期、蜂駆除の業者って儲かるらしいです。確かに緊急時のお年寄りなら金払いも良いでしょうにブルーオーシャンかもしれません。

暑さで蜂は元気ですが、最近、蚊を見ないような気がします。関東は台風通過後に水たまりができ蚊が急速に出てくると思います。

nice!(0)  コメント(0) 

クレジットカードの更新カードが届く [日常]

5年に1度のクレジットカードの期限が迫ってきていて、今日、更新カードが届きました。

まずはカードの裏側に油性サインペンで署名(サイン)を漢字で書きました。アルファベットか漢字かで迷いましたが、漢字の方がセキュリティが高いというネット情報を参考にしました。(もっとも悪用者が中国人だったら効果ないでしょうが。)

次に利用しているサービスのカード情報を次々と更新していきます。クレジットカードで支払いしているサービスが結構、多くてカード明細からリストを作り一つずつカード情報を更新して行きました。

ただクレジットカードで支払っている国民年金については日本年金機構に電話して書類を送ってもらう形になりました。書類に記入して年金事務所に返送すれば手続き完了となるようです。

クレジットカードは便利ですが、リボ払いやキャッシングに手を出すと泥沼にハマリます。

クレジットカードを扱うとある程度の手数料が店側にかかるので、カードお断りで現金支払のみという料理屋さんも存在します。

米国初のスクエアなどクレジットカード業界も変革の時を迎えています。いずれ仮想通貨が投機目的ではなく決済目的で利用されるようになれば、より加盟店に優しい手数料のサービスにシフトして行くのだろうと思います。

ちなみに私はノーマルカードです。ゴールドカード更新の案内が時々、届きますが、見栄のために数万円の年会費を払う気が起きません。お金持ちは余りこういうところは気にしないでゴールドやブラックだったりするのでしょうが、自分には縁のない話です。





nice!(0)  コメント(0) 

日銀統計で家計の投信保有額30兆円以上誤計上 [FP]

日本銀行の資金循環統計で家計の保有する投資信託残高に30兆円以上の誤差が見つかったそうです。

個人の金融資産における投資信託の割合は14年の4.6%をピークに下落して17年は4.1%になっていたようです。

最近は低コストの投資信託を積立投資する投資家が増加しており、その流れを見る限りだと投信残高は順調に増加しているものと思われていました。

しかし、実際に積立投資が盛り上がってきたと言っても実際に積立投資をしている投資家の数はまだまだ少数派だと言えます。

書店に行くと投信の積み立て投資に関する良書より、不動産投資や仮想通貨の本のほうが目立つ位置に置かれているのが現実です。

また残高が減った要因として高齢者の動向もあると思います。銀行や証券会社は高コストの投資信託を高齢者に焼畑農業のごとく売り続けていました。

多くの高齢者は投資信託で損失を被り。「もう投資信託はご免だ。」と敬遠している可能性があります。

数百万円単位で投資信託を購入していた高齢者が、販売会社に激怒して投信購入を控えるようになった影響は大きいだろうと思います。

いくらコツコツと積立投資する投資家が増えてきても、そうした大口の高齢者の穴は埋めきれなかったのではないでしょうか。

証券業界では今回の日銀統計のミスの結果に焦りを感じているようですが、既存の高齢者をターゲットとした営業スタイルが時代と共に限界を迎え、新たに積立投資をする若手投資家が増えてきた証拠でもあると私は感じます。

いずれ積立投資の波がもっと大きくなれば、また資金循環統計の投信残高も持ち直して行くだろうと思います。




 
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -